婦人

簡単な方法で電子記録債権ができる時代が到来

会計処理の効率化

スーツの男性

手形との併用管理

信用を基本とする企業同士の取引では、銀行振込や約束手形が支払手段として多く使われてきました。特に手形は債権を証明する確実な有価証券として重要な役割を果たしていますが、発行手続きが煩雑な点など多くの問題を抱えています。紛失や盗難といったリスクもあることから保管コストも無視できない手形の問題点を解決する手段として、電子記録債権が考え出されました。電子記録債権は電子データとして銀行などの記録機関に送受信され、インターネット上ですべての取引が完了します。手形と違って作成や保管に関わるコストが発生しないため、利用する企業の側でもメリットが大きい制度なのです。電子記録債権のメリットはそうしたコスト面だけではなく、分割可能な点や帰属が明確化できるという点にまで及びます。そのためここ数年で従来の手形による取引を電子記録債権に置き換える企業が増えており、取引先企業の側でも対応が求められています。現時点ではまだ電子記録債権と手形が混在する状況のため、会計処理上でもそれらの併用管理が必要なのです。電子記録債権に対応した会計ソフトを導入することにより、この新しい潮流の中でも業務を効率化することができます。

多彩な決済手段に対応

ITベンダー各社がそれぞれ独自開発した最新の会計ソフトでは、このような電子記録債権対応製品も多いものです。多彩な決済手段に対応できる会計ソフトを導入することで、経理担当社員の業務負担も大幅に軽減されます。電子記録債権ネットワークからのデータ取得や財務・会計システムとの連携により、仕訳データ作成や消込作業などが省力化できるのです。販売管理ソフトの中にも電子記録債権に対応した製品が増えており、幅広い業務への応用が可能となっています。そのような例では入出金管理を販売管理システムと連動させるような用途も想定され、債権から在庫までが一元管理されます。小規模の事業所では1人の担当者が複数の業務をこなしている例も多いため、会計処理から販売・在庫管理までを統合したシステムを導入することで日常業務が楽になるのです。業務のペーパーレス化が進んだ現在では、企業間取引の決済手段として手形から電子記録債権へと移行する例がさらに増加するものと予想されます。会計ソフトや販売管理ソフトでこのような動向への対応をいち早く完了した企業では、効率化された会計業務を土台として新たな取引先を次々と開拓しているのです。

男女

顧客を増やす工夫

製造業にとって、展示会を成功に導くことは、売り上げを伸ばす上で重要です。ただ、来場者に強くアピールできるかどうかは、ブースの位置が大きく左右します。そこで、プロの施工業者の出番です。プロに頼めば、ブースの位置に関係なく来場者が必ず足を止める設営を指導してくれます。

女性

サイトのサービス向上へ

サイトを通してサービスを受ける割合は上昇し、より機能的に利用してもらうためにウェブ接客の導入が注目されています。これの効果で、分かりやすく便利に使いこなせるようになるため、利用者によっては評判も上々です。最近は高齢者の利用の割合も高くなっているため、丁寧かつスムーズな対応が求めらています。

男性と女性

営業部署が悩む項目

営業現場において、その活動を報告したり、受注の可能性をランク付けしたりする行為は日常的に行われています。しかし案件管理は、システムなどを導入して一元化することが最も大事なポイントです。横並びで案件状況を確認できるためです。

このエントリーをはてなブックマークに追加